受験勉強

今日は、受験勉強においての
「モチベーションアップの方法」について、
お話します。



受験は、「効率よく暗記量を増やした人」が、最後には
勝利する仕組みなのですが、

そのためには、少なからず、意欲的に学習に取り組む
"動機"が必要です。


どこかの国で行われているように、
"意思"とは"無関係"に"強制的"に訓練されれば
誰でも、成長するとは思うのですが、

日本でそれをやると手錠を掛けられてしまいます。


勉強は、"自由意志"で、"進んで"取り組む必要があります。


今日は、

「どうすれば動機が強くなるのか?」

その方法をお伝えします。


目標を明確にすることで、動機を強める方法なのですが、
具体的には、「受験する大学を決める」、ということです。


ただ、志望大学をすぐに決めることは難しいかもしれません。
最終学歴は一生に影響してくることなので、簡単に
決めることは、できません。

しかし、できるだけ早く、「決定」することが、
受験で勝利するためには大切になってきます。

なぜなら、学習意欲が全く変わってくるからです。

そして次に、その大学の過去問を、過去5年分(できれば10年分)
集め、志望大学の入試の「傾向と対策」を
明確にしてもらいたいと思います。

なぜなら、効率のいい勉強を行うためにとても大切だからです。


大学別の「傾向と対策」は、プロの予備校講師の方がすで
"分析"を行ってくれています。

・「赤本(教学者)」
・「青本(駿台文庫)」
・「グリーン本(増進会出版社)」

などの内容がそれです。

分析している会社が3冊とも違うので、
できれば、3冊とも全部の「傾向と対策」という項目を、熟読して
もらいたいと思います。

いえ、完全に暗記してもらいたいと思います。


なぜなら、この作業をするか、しないかで、動機付けも
変わってきますし、"効率"のいい勉強ができるか、できないか
にも関係してきてしまうからです。

いきなりで大変かもしれませんが、
ぜひ、実行していただきたいと思います。


大切なことなので、
「今すぐやっていただきたいこと」を、
まとめます。

@志望大学を決める
A過去問を5年分(できれば10年分)集める
B志望大学の「傾向と対策」を暗記する
※A、Bは、「赤本」「青本」「グリーン本」に
まとめられています。
※「青本」「グリーン本」は、志望大学によっては
出版されていない場合があります。


ぜひ、実践していただきたいと、思います。


最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。