「人間」=「関数」

今回は、

「行動できない問題」

を解決する、具体的な
心理学メソッドをお話させて
いただきたいと思います。

さっそくなのですが、
まず、現代の心理学では、

人間を「関数」として扱っています。

※「関数」がわからない場合は、
もう少し読み進めていただきますと、
ご理解いただけると思います。

入力、出力の関係でみた場合、

人間を簡単に、以下のような式で
記述します。

-------------------

入力→( )→出力

-------------------

例えば、
「殴られて泣く人」、「殴られて怒る人」の
2人がいた場合、

-------------------

殴られる→( )→泣く

-------------------

殴られる→( )→怒る

-------------------

というようになります。

ここで興味深いことは、

殴られるいう"入力"は「全く同じ」で
あるにもかかわらず、

"出力"が違う、ということです。


「この違いは何か?」


の結論が、
「( )の中に入るモノの違い」
なのですが、この( )の中には、
「関数」が入ります。

ただ、その「関数」は簡単な関数ではなく、
コンピュータプログラミングのように、
関数が関数を呼び出すなど、

非常に複雑な動きをします。


「関数が関数を呼び出す」

というのは、簡単に例えると、

「ある感情がある感情を呼び出す」

ということです。

※そして、その結果、
最終的には1つの「出力」に行きつきます。

-------------------
例)

殴られる→((ある感情)
      ⇒(ある感情)
      ⇒(ある感情))→泣く

-------------------

また、

-------------------

入力→( )→出力

-------------------

の式からわかるように、


入力は全く同じでも、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
( )の中身を「変化」させれば、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
必然的に"出力"が「変化」します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

つまり、入力を全く変えずに、
「以前とは違う行動」をする人に
なれる、

というのが、現在の心理学の見解です。

具体的なステップなのですが、
(ここからが、今回の本題です。)

「行動できない問題」を解決
するためには、

行動しようとすると

・「どのように感じるのか?」
・「どのような考えが頭に浮かぶのか?」

を「自分」で"知る"ことが
"非常"に大切です。

-------------------
例1)

行動しようとする→(めんどくさい)
        →行動できない

例2)

行動しようとする→(失敗が恐い)
        →行動できない

※( )の中身を「自分」で
知ることが非常に大切です。
-------------------

ここで覚えておいていただきたい
重要なことは、

たいていの場合、行動できない理由は、
「行動の結果の恐怖」
にある、ということです。

つまり、"多く"の場合は、
上の( )の中に「失敗が恐い」が
入る、ということです。

(なぜ、行動ができない"多く"の理由が
「行動の結果の恐怖」なのか、
については、

次回以降、お話させていただきたいと
思います)

重要なことは、
「行動できない問題」を解決する
ステップなのですが、

それは、

●ステップ1

・「行動の前」に浮かび上がる
"恐怖感"を、メモ帳等の紙に書き出す

例)失敗して自信をなくすのが恐い、
「結果」に対する他人の評価が恐い、
なんとなく嫌

※頭で考えるだけと、紙に書き出す
のとでは、改善効果がだいぶ違います。

●ステップ2

・その原因に対して、「なぜか?」
をさらに書きだす

例)昔失敗して嫌な経験をしたから、
理由はわからないけれどなんとなく

●ステップ3

・自分が「確信」できる原因が見つかった場合、
(多少効果が薄れますが、見つからなかった場合
はその状態で)

ロッキーのテーマ等を聞き、
気分を高揚させる。

⇒ http://www.youtube.com/watch?v=go9lXgTl5Lw&feature=PlayList&p=D33E78D82B28A6B4&index=0

※ここでの音楽は、「自分の気分が高揚するもの」
であればなんでも大丈夫です。

音楽に限らず、「昔の成功体験を思い出す」等、
「自分の気分が高揚するもの」であれば
"なんでも"大丈夫です。

●ステップ4

・その状態で行動してみる

●ステップ5

・「行動できた場合」は"今"の感情・精神状態を
記憶しておく

・「行動できなかった場合」は自分の気分が
高揚する何かを探しなおす(ステップ3に戻る)

●ステップ6

・次回以降、
「行動できた場合」はステップ7へ
「行動できなかった場合」は、ステップ3へ

●ステップ7

・「行動した成功体験」を蓄積させる

…………………………………


以上のステップを踏んでいただくことが
できれば、たいていの場合、行動できるように
なると思います。

また、このステップを「継続」
していただくことができれば、

30日程で、その行動を習慣化
できるようになると思います。

ぜひ、参考にしていただけますと、幸いです。

受験勉強

今日は、受験勉強においての
「モチベーションアップの方法」について、
お話します。



受験は、「効率よく暗記量を増やした人」が、最後には
勝利する仕組みなのですが、

そのためには、少なからず、意欲的に学習に取り組む
"動機"が必要です。


どこかの国で行われているように、
"意思"とは"無関係"に"強制的"に訓練されれば
誰でも、成長するとは思うのですが、

日本でそれをやると手錠を掛けられてしまいます。


勉強は、"自由意志"で、"進んで"取り組む必要があります。


今日は、

「どうすれば動機が強くなるのか?」

その方法をお伝えします。


目標を明確にすることで、動機を強める方法なのですが、
具体的には、「受験する大学を決める」、ということです。


ただ、志望大学をすぐに決めることは難しいかもしれません。
最終学歴は一生に影響してくることなので、簡単に
決めることは、できません。

しかし、できるだけ早く、「決定」することが、
受験で勝利するためには大切になってきます。

なぜなら、学習意欲が全く変わってくるからです。

そして次に、その大学の過去問を、過去5年分(できれば10年分)
集め、志望大学の入試の「傾向と対策」を
明確にしてもらいたいと思います。

なぜなら、効率のいい勉強を行うためにとても大切だからです。


大学別の「傾向と対策」は、プロの予備校講師の方がすで
"分析"を行ってくれています。

・「赤本(教学者)」
・「青本(駿台文庫)」
・「グリーン本(増進会出版社)」

などの内容がそれです。

分析している会社が3冊とも違うので、
できれば、3冊とも全部の「傾向と対策」という項目を、熟読して
もらいたいと思います。

いえ、完全に暗記してもらいたいと思います。


なぜなら、この作業をするか、しないかで、動機付けも
変わってきますし、"効率"のいい勉強ができるか、できないか
にも関係してきてしまうからです。

いきなりで大変かもしれませんが、
ぜひ、実行していただきたいと思います。


大切なことなので、
「今すぐやっていただきたいこと」を、
まとめます。

@志望大学を決める
A過去問を5年分(できれば10年分)集める
B志望大学の「傾向と対策」を暗記する
※A、Bは、「赤本」「青本」「グリーン本」に
まとめられています。
※「青本」「グリーン本」は、志望大学によっては
出版されていない場合があります。


ぜひ、実践していただきたいと、思います。


最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

勉強は"繰り返す"だけ

人間の脳は、"記憶"するものを、

「生きていくために必要か、不要か」

で判断しています。

これは最新の脳科学の結論です。


突き詰めていくと、結局人間は動物である、
ということなのですが、

そうすると、学習とは、そもそもは
「危険な状態を回避する」ためのもの
ということです。


この結論を勉強に役立てるのであれば、
"重要度"を脳に勘違いさせるために、繰り返して
覚えるしかない、ということになります。


さまざまな勉強法や、記憶術が世の中には
出回っているみたいですが、結論は、「やるしかない」
ということです。


問題は「勉強法」ではなく、
いかにして「モチベーション」を
上げるか、です。


モチベーションを上げるための方法は、
違う機会にお話します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。